東京 都 アメダス。 東京都のアメダス実況(気温)

東京都:??のアメダス:天気予報コム

都 アメダス 東京

😍 利島(としま) [伊豆諸島北部 新島] 利島村 (としまむら) 観測要素:降水量 大島と新島の間に浮かぶ島です。 見に行った時は何やら工事中で、露場も土が剥き出しになっていました。

4
元々は高層気象観測施設として独立していましたが、2003年に測候所が移転してきて統合され、2009年に無人となりました。 7 --- --- 「---」は未観測、もしくはデータの欠測(アメダスからのデータ未伝送など)となります. 関東・甲信のアメダス• 江戸川臨海(えどがわりんかい) [東京地方 23区東部] 江戸川区臨海町 (えどがわく りんかいちょう) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 23区の東の端で、その名の通り、海に近い場所にあります。

2020年12月08日 府中(フチュウ) 毎正時の観測データ

都 アメダス 東京

🤝 東京都 小沢のアメダス 12月8日18:00現在• 東京都 東京のアメダス 12月8日18:00現在• 建物の南側にフェンスで囲まれた露場があり、写真右側に写っている塔の上に風向風速計と回転式日照計が設置されています。

16
訪問は、2013年から2015年にかけてです。

東京管区気象台

都 アメダス 東京

🤘 写真手前の柵で囲まれた露場に温度計と雨量計があり、風向風速計と日照計は庁舎の屋上です。 雨量計はコンクリート柱で嵩上げされています。 こちらの雨量計は本体が白くなっています。

一般の人が目にすることを意識してか、各測器の名称を書いた看板が柵の中にあります。 東京都 江戸川臨海のアメダス 12月8日18:00現在• アメダスの観測機器は、気象に関する情報を実地に収集する大切な装置です。

2020年12月08日 府中(フチュウ) 毎正時の観測データ

都 アメダス 東京

🍀 伊豆大島西岸の町役場を抱える地区の一角に観測所があります。 隣の公園の敷地の続きのようです。

青ヶ島(あおがしま) [伊豆諸島南部 八丈島] 青ヶ島村 (あおがしまむら) 観測要素:降水量 八丈島の南60kmほどの所に浮かぶ島です。

東京管区気象台

都 アメダス 東京

😉 ここで特筆すべきは、それらの二つの施設の間に八丈島空港があることです。 青梅(おうめ) [東京地方 多摩西部] 青梅市新町 (おうめし しんまち) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 青梅の市街地の中に観測所があります。 世田谷(せたがや) [東京地方 23区西部] 世田谷区岡本 (せたがやく おかもと) 観測要素:降水量 23区の南西側に当たり、神奈川県との県境にも近いところです。

5
立派な建物が残されていて、その東側に露場があります(写真右)。

東京都のアメダス実況(気温)

都 アメダス 東京

☝ 露場移転に関する解説• 測器が複数の場所に分けて設置されている観測所は他にもいくつかありますが、間に別の観測所が挟まっているのは八丈島が唯一の例です。

アメダスの観測所であることを示す看板や表示が何も取り付けられていません。 母島(ははじま) [小笠原諸島] 小笠原村母島字評議平 (おがさわらむら ははじま あざ ひょうぎだいら) 観測要素:降水量 小笠原諸島は母島の雨量観測所です。

AMeDAS探しの旅

都 アメダス 東京

🙂 こちらは、島の南岸の地区になります。 2013年の台風26号による大雨を受けて設置された臨時観測所です(2013年11月8日 観測開始)。

2
平成26年12月2日に「東京」の気象観測地点を千代田区大手町から北の丸公園へ移転しました。

2020年12月08日 東京(トウキョウ) 毎正時の観測データ

都 アメダス 東京

💔 観測所の周囲には建物も見られますが、比較的広い空間が確保されています。

19
(参考)北の丸公園露場に関する報道発表• 設置方法や機器の構成は、泉津の物とほとんど変わりません。 途中の道端には、「大島測候所」と書かれた案内板が残っていました。