国 破れ て 山河 あり。 「国破れて山河あり」とは?意味や使い方を解説!

国破れて山河ありとは

破れ 山河 国 あり て

☘ 現在では唐の末路になぞらえて自国の将来を憂えたり、奮闘むなしく夢破れたあとの心境を表現することわざとして使われます。 日本のエルメスショップでもなかなか取り扱いのないアイテムです。 多くのセレブが愛用しています。

8
律詩ですので2聯(3句と4句)と3聯(5句と6句)を対句にするきまりですがこの詩は1句と2句も対句になっていていて例外的な構造です。

「国破れて山河在り」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

破れ 山河 国 あり て

🐝 世の移り変わりに心痛み、花を見ても涙が流れる。

国破山河在:国 やぶれて山河あり 城春草木深:城 はるにして草木ふかし 感時花濺涙:時に感じては花にも涙をそそぎ 恨別鳥驚心:別れをおしんでは鳥にも心を驚かす 烽火連三月:ほうかさんげつに連なり 家書抵萬金:かしょばんきんにあたる 白頭掻更短:はくとう掻けばさらに短く 渾欲不勝簪」:すべてしんに耐えざらんと欲す まとめ 「国破れて山河あり」は、「おくの細道」で引用されたほど当時の日本でも人気の高かった「春望」の一節で、作者は李白や白楽天と並び「詩聖」とも称される唐代の詩人・杜甫です。

ことわざ「国破れて山河あり」の意味と使い方:例文付き

破れ 山河 国 あり て

😎 語注など 春望 ・・・ 春の眺め(ながめ)。 「雪月花」は日本の詩歌においては、 これら三種を一度に取り合わせたものを指すものとして しばしば用いられる。 また、この四徳を身につけるなかで養われる 強い精神力が「浩然の気」であり、これを備え、 徳を実践しようとする理想的な人間を称して「大丈夫」と呼んだ。

「夏草や 兵どもが 夢の跡(訳:今見れば夏草が生い茂るばかりだが、ここは昔、奥州平泉の武士たちが成功を夢みて戦った跡である。 霊武(現在の寧夏回族自治区霊武市)で粛宗が即位したとの情報を聞くと、長安脱出を試みるが、反乱軍に捕まり幽閉される。

春望

破れ 山河 国 あり て

⚐ まず高館にのぼれば、北上川南部より流るゝ大河 たいが)也。 その後戦乱に巻き込まれ、身をひそめていればいいものをわざわざ朝廷に役立たんと向かった途中、安禄山の軍隊につかまって長安に幽閉されます。 「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」 と、笠うち敷きて、時のうつるまで泪(なみだ)を落としはべりぬ。

9
英語は「ドナル・ドキーン」訳が有名 「国破れて山河あり」を英語にすると、「The nation is ruined, but mountains and rivers remain. 律詩の表現を大成させた。

ことわざ「国破れて山河あり」の意味と使い方:例文付き

破れ 山河 国 あり て

🎇 (……国破れて山河あり城春にして草木深し、とはこういう感傷をいうのであろう)[司馬遼太郎*国盗り物語|1963~66] [由来] 中国の詩人、 と 甫 ほの詩「 春 しゅん 望 ぼう」の冒頭。 それなのに「防衛のための山河は残っている」。 さらには、バッグの内部に拵えられたポケットはとても機能的で、 誰もが非常に使いやすいバッグになっています。

15
義経が住んでいた丘、高館 たかだち 頂には義経堂。

春望

破れ 山河 国 あり て

⌛ メーカーオリジナルボックス、 国際保証書付属。 見た目は小さくコンパクトなのですが、その収納力は高く、 仕事やお出掛けなど手荷物が多い際に利用されています。

3
さても義臣すぐつてこの城にこもり、功名一時のくさむらとなる。

「国破れて山河在り」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

破れ 山河 国 あり て

👍 (国は滅んでも、山と川は変わらずあり続ける) Empire broken mountain river remain. エルメスの高級な革をフリンジで贅沢に使ったアクセサリーは、 カバンなどにつけてこそ可愛らしさとデザイン性を感じられます。 長安の町は春を迎えたけれど草木だけが勢いよく生い茂っている。 十分な収納力に心地よい持ちやすさを兼ね備えた世界的にも人気のある タイプのバッグです。

10
我が朝廷は国家が破壊されてしまったというのに山河は今もここにある。 国(社会)という幻想が終焉する時、カネの世界も終焉する!ということ。

ことわざ「国破れて山河あり」の意味と使い方:例文付き

破れ 山河 国 あり て

🤞 「国破れて山河在り、城春にして草木深し(都は戦乱で荒れ果たが、山や川は変わらぬまま。

751年(天宝10載) : 玄宗に「三大礼賦」を奉献する。 「敗れる(やぶれる)」と混同されることがありますが、国が戦争に負けるということではなく、国としての機構が破壊されて無くなってしまうということです。