戦々恐々 の 意味。 「戦々恐々」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

『戦々恐々』の意味を分かりやすく解説!使い方も例文を使って紹介!

意味 戦々恐々 の

⚡ 様々な場面においての使い方を下に示します。

そのうちに二字熟語を重ねて使う四字熟語が発音の上でもしまりがいいということで、四字熟語がたくさん中国で使用されるようになりました。 ) 「trepidation」は「怯え」、「filled」は「いっぱい」なので、「with(いっしょ)」でつなげることで「恐怖で満たされる」という直訳になります。

「戦々恐々」の意味と語源とは?使い方や類語・対義語も紹介

意味 戦々恐々 の

😆 実は、「戦々恐々」の「戦う」という字は「戦い」ではなく「おびえる」という意味を表す「(おののく)」という意味で使われています。 前向きに「戦々恐々」としていきましょう!. これからスタートするレース裏では戦々恐々とした雰囲気で息苦しかった 例文2. 戦々恐々の由来 戦々恐々の語源は古く、実は中国の最古の詩篇「詩経(しきょう)」の一説です。 いくつかを以下にまとめました。

5
中国では二人の人間が神に向かって祈りを捧げる文字という認識があり、「畏れ慎む」というニュアンスを持つ言葉として使われています。

戦々恐々、元々何についての言葉?【ことば検定】 答え林修

意味 戦々恐々 の

💢 表現豊かなコミュニケーションをしてみてはいかがでしょうか。

【例文】• 「戦々恐々」とは、 「戦」と 「恐」の2つの文字からできている熟語です。

「戦々恐々」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

意味 戦々恐々 の

👈 「戦々恐々」という言葉が最初に使われたのは、 詩経という中国の書物だとされています。

戦々恐々の類語 恐怖や不安を表す言葉は、戦々恐々以外にも多数あるため、戦々恐々にはいくつかの類語があり、別の言葉で表現されるケースもあります。 「戦々」には恐怖によって震えるという意味があり、「恐々」には恐れて慎む様子という意味があります。

「畢竟」とは?意味や使い方をご紹介

意味 戦々恐々 の

☕ 【例文】• 対義語を重ねたもの(異口同音、右往左往)• より厳密に言えば、中国の古典に由来のあるものを四字熟語というので、非常に歴史のある言葉なんですね。

8
icon まとめ 人の行動は、非常に怖いことにぶち当たってしまうと、身体のコントロールもできないくらいの状態になってしまうのかもしれません。

四字熟語「戦々恐々(せんせんきょうきょう)の意味と使い方:例文付き

意味 戦々恐々 の

👏 また、「戦々恐々」の「兢(きょう)」という漢字は、「競走」「競技」などで使われる「競」と間違えやすいので注意しましょう。

8
I was trembling with fear when I see her face 私は彼女の顔を見て戦々恐々とした• 下記でそれぞれの例文を挙げてみます。 言い換えのできる表現はあるのでしょうか? 「戦々恐々」の類語は「戦々慄々」や「小心翼々」 「戦々恐々」の類語は「戦々慄々(せんせんりつりつ、戦戦慄慄とも書く)」や「小心翼々(しょうしんよくよく、または小心翼翼とも書く)」です。

「戦々恐々」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 戦々恐々 の

😛 trembling with fear(恐怖に震える) 【例文】• 四字熟語の成り立ち• 戦々恐々や戦々慄々などのように、同じ文字を繰り返して使われる言葉には、その意味を強調するという意味があります。 「詩経」の一説に「戦戦兢兢 如臨深淵 如履薄氷」という部分があり、「薄く張った氷上を歩くかのごとく、また深い溝淵をのぞき込むかのごとく、慎重に謙虚に行動すること」という意味で書き記されています。

13
簡単に訳すと、 「深い淵をのぞきこむ時のように、また薄い氷の上を歩く時のように、こわごわと慎重に行動すると。 神色自若 しんしょくじじゃく :物事に動じず、落ち着いていること。