ワード 目次。 目次を手動で入力して作成する:Word(ワード)2013基本講座

Word 目次 の作り方は?自動作成方法と手動作成方法の紹介

目次 ワード

🖐 [ユーザー設定の目次] で、この目次にはこれとこれが必要、これは要らない、と選んで作成すれば、更新のたびに不要な項目を削除する必要のない目次を作ることができます。

10
「前と同じヘッダー/フッター」のチェックを外しましょう。 先頭に黒い点が付いている段落をすべて選択して、設定しても構いません。

目次を挿入する

目次 ワード

💢 文書の整理には「 アウトライン」機能を利用します。

チェックを外して[OK]を押すと、 下の画面が表示されるので、 [はい]をクリックすると、 ページ番号が表示されなくなります。

Word基礎講座:目次の簡単な作り方・ページ番号のずれ修正方法

目次 ワード

😍 挿入タブで「空白のページ」を挿入したり、「ページ区切り」を挿入したりして、そこに目次を作成します。

目次欄には「手動作成目次」がありますので、そちらを選択します。

ワード(Word)で目次の作り方や新たな項目をカンタンに追加する方法

目次 ワード

🌏 次に本文に見出しを設定する必要があります。 Microsoft Word(以下、ワード)の 目次作成機能は、後から文書のタイトルや順序に変更があっても、目次に反映することができる優れもの。 既存の目次を置き換えますか? carousel-content:nth-child 3 ,. こちらの方法だと、入力内容に基づかないで、目次を作れるので、各目次項目を自由に設定することができます。

16
クラシックの例• と表示されます。

目次のリーダー(点線)を変更したい:Word(ワード)2013基本講座

目次 ワード

🤙 それも可能です。 目次の文字列を押すと、手動で見出しやページ番号の編集ができるようになります。 ナビゲーションウィンドウの表示のさせ方 ナビゲーションウィンドウは「 表示」タブをクリックし、「 ナビゲーションウィンドウ」の項目にチェックを入れることで表示させることができます。

fa:first-child:not :only-child. 以下の画面に「アウトラインレベル」というのがあるので、こちらを変更します。 タブ リーダーのドロップダウンリストを開いて、点線の種類を選択します。

【Word】目次作成の便利技 タイトルとページの間に点線(リーダー)を入れる方法

目次 ワード

⚓ 全部で6ページ。

12
監修者:たくさがわつねあき(著者・インストラクター) パソコン教室を運営する傍ら、初心者への直接の指導経験を元に執筆活動を行う。 carousel-content:nth-child 7 ,. アウトライン記号が本文に変更になっていることがわかります。

プロのワード活用術「アウトラインを使った「目次」の作成と設定」

目次 ワード

📞 (本文にいれた目次) 今回は文書の最初へ目次を挿入するため、目次を入れたい場所へカーソルを選択させてから、「自動作成の目次1」のスタイルの目次を作成しました。 目次の作成はフィールドコードで作成されていますので、フィールドコードを少しいじります。 見出しの作成方法は「見出しのアウトラインレベル設定」と「見出しスタイルを設定」の2種類があります。

15
「OK」ボタンをクリックすれば、設定が反映されます。

【Word】目次作成の便利技 タイトルとページの間に点線(リーダー)を入れる方法

目次 ワード

😝 文書内で図表目次をクリックします。 ユーザー設定の目次 目次を作成するときに、[目次] ダイアログ ボックスを使って目次に関する詳細な設定をすることができます。

17
それでは実際に文章のレベルを設定してみましょう。